【テレビ・マスターピース】『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』1/6スケールフィギュア クローン・トルーパー/ジェシー | トイサピエンス

ホットトイズ サイドショウ マクファーレン クイーン・スタジオ アイアン・スタジオ プレイモービル スター・ウォーズ マーベル バットマン カートゥーン ウィザーディング ハリウッド

  • HOME
  • 初めての方へ
  • トイサピ日報
  • トイサピエンスとは?
  • ご利用ガイド
  • 商品一覧
  • 商品を探す

【テレビ・マスターピース】『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』1/6スケールフィギュア クローン・トルーパー/ジェシー

Television Masterpiece - 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Star Wars: The Clone Wars - Clone Trooper Jesse

予約終了

予約申込金30%

2023年3月頃発売 ¥ 45,000 (税込)
予約価格 ¥ 38,300(税込) 15%OFF

ーーー お気に入りに追加 キャンセル待ち受付希望

利用可能決済 |代引 |カード |コンビニ |銀行決済

商品タイプ 新作製品 限定数 限定生産
状態 新品 流通方法 一般販売
メーカー ホットトイズ アイテム種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
シリーズ番号 TM#064 付属品 (武器) ブラスター・ピストル(×2)、ブラスター
プロパティ 付属品 (アクセサリー) 差し替え用ヘッド、バックパック、ホロプロジェクター、ホログラム・フィギュア(ダース・シディアス、LAATガンシップ)、差し替え用ハンドパーツ(×5)、特製台座
スケール 1/6スケール スペシャル機能
サイズ 高さ約30センチ コード番号 4895228609953
可動ポイント 30箇所 リリース年 2023年3月頃
パッケージ クローズドボックス レア度
銀河共和国に忠誠を誓う、第501大隊のARCトルーパー。

ホットトイズの「テレビ・マスターピース」シリーズに、SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』がラインナップ!CGアニメ作品『クローン・ウォーズ』より、クローン・トルーパー/ジェシーが登場だ!

クローン・トルーパーのジェシーは、第501大隊に所属するARCトルーパーだ。愛国心に溢れる彼は、銀河共和国のシンボルマークをヘルメットの正面につけ、顔にもタトゥーを入れている。「オーダー66」が発令されると、プログラムに従って元ジェダイであるアソーカ・タノの命を狙い、彼女をかばうレックスを問い詰め、銃撃戦を繰り広げるのだった。

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』に登場するクローン・トルーパーのジェシーを、全高約30センチ、30箇所以上が可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化。ヘッドは、新規造形となる2種が付属。1つ目は、銀河共和国のシンボルマークがついたヘルメットを被ったヘッド。マクロバイノキュラーは着脱することができる。2つ目は、大きくタトゥーが入った素顔のヘッドだ。皮膚の質感や皺、髪型等を再現するため、一つひとつハンドペイントによる塗装が施されている。ブルーのマーキングが特徴的な装甲服は、両肩に装着したポールドロン、腰のコマンド・スカートなど、質感やディテールにこだわり抜き、細部に至るまで精巧な仕上がり。業界トップクラスの技術によるウェザリング塗装で、付着した傷や汚れなどを表現している。武器として、ブラスター・ピストル2丁、ブラスターが付属。アクセサリーとして、マグネットで着脱可能なバックパック、ホロプロジェクターが付いてくる。ホロプロジェクターには、付属するダース・シディアス、LAAT(低空強襲トランスポート)ガンシップのホログラム・フィギュアを取り付けることができるぞ。多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、さまざまな劇中シーンの演出が可能だ。台座は床面が造形された特別仕様となっている。

銀河共和国のシンボルを身につけ、第501大隊で勇敢に戦うクローン・トルーパー、ジェシー。彼の魅力を存分に封じ込めた、まさに「決定版」といえる本アイテムは、フォースを感じる絶対に見逃せない逸品だ!ホットトイズがプライドと愛情を込めてお贈りする1/6スケール『スター・ウォーズ』シリーズ。今後のラインナップからも目が離せないぞ!

『スター・ウォーズ』(1978年~)

遠い昔、遥かな銀河系で繰り広げられる帝国と反乱軍の戦いを描いた、スペースオペラの代表作。監督はジョージ・ルーカス。全6部で構成され、『エピソード4/新たなる希望』(1977年)を皮切りに、『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、『エピソード6/ジェダイの復讐』(1983年)」と続き、4・5・6エピソードにあたるこれらの作品は旧三部作と呼ばれる。

1999年には『エピソード1/ファントムメナス』、2002年には『エピソード2/クローンの攻撃』、2005年に『エピソード3/シスの復讐』が新三部作として続いた。また、2008年にはCGアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』が『エピソード2』と『エピソード3』の間のエピソードとして公開された。

全シリーズ7作合わせて約42億ドルの興行収入を記録し、その後のSF作品に多大な影響を残した。

映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が2015年12月に公開され大ヒットを記録。さらに2017年12月15日(金)に、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が世界同時公開された。2019年12月20日(金)、最終章となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が日米同時公開。

https://starwars.disney.co.jp/新しいウィンドウで開きます

●本アイテムのご予約には、予約申込金(商品代金の30%)が必要です。予約申込金のお支払いは、クレジットカード、コンビニ、銀行決済のみとなります。また、予約申込金の支払い方法は変更できません。詳しくは、こちらのページをご確認ください。

Prototype shown, final product appearance and colors may vary.
For sale in Japan only.

画像は試作品のため実際の製品と異なる場合があります。

簡単な組み立て作業を必要とする場合があります。

対象年齢は15歳以上。

本製品の販売は日本国内に限ります。

スタッフのおすすめコメント

『クローン・トルーパー/ジェシーをカートに入れるのだ…。』

  • MasterCard VISA JCB AmericanExpress DinersClub
  • カード決済 コンビニ決済 銀行振込 代金引換
  • 送料無料
  • 配送時間指定